護衛艦「たかなみ」型


〈護衛艦「たかなみ」DD-110  040425.高松〉

諸元・性能
全長 151m
全幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
基準排水量 4,650t
エンジン COGAG方式ガスタービン4基2軸 60,000PS
速力 約30kt
乗員 約170人
船型 平甲板型
主要兵装 54口径127mm単装速射砲×1、高性能20mm多銃身機関砲(CIWS)×2、短SAM/アスロックVLS(Mk41)×1(32セル)、4連装SSM発射機×2、、3連装短魚雷発射管×2、哨戒ヘリコプター×1
備考 「むらさめ」型に続く護衛艦隊の中核を構成する汎用護衛艦。基本的要求性能は「むらさめ」型と同一線上にあり、船体デザインもほとんど変わらないが、水上打撃力を強化した点が最大の特色である。このため、主砲はイージス艦「こんごう」型と同じ127mm砲を搭載、さらに「むらさめ」型では煙突間中央部にシー・スパロー短SAM、前部甲板にアスロックVLSを配備していたのを一体化し、艦橋前部に32セルのMk41VLSを装備している。
見た目は「むらさめ」型とほとんど同じだが、主砲が厳つくなった事でなんとなく全体的な雰囲気が無骨になったような感じがする。内容的にも艦載ヘリコプターの運用や戦術データリンクなど、「むらさめ」型から多くの改良が施されているようだ。
2004年の6-7月には、2番艦の「おおなみ」のマストに亀裂が入ったり、「たかなみ」の下層ブロックが浸水して使用不能になるなどのアクシデントもあった。
2008年6月24日、日中防衛交流の一環として、4番艦「さざなみ」が自衛隊艦艇としては初めて訪中した。

艦記号・番号/艦名 起工 進水 竣工 建造所
DD-110 たかなみ 2000.4.25 2001.7.26 2003.3.12 住友重機浦賀
DD-111 おおなみ 2000.5.17 2001.9.20 2003.3.13 三菱長崎
DD-112 まきなみ 2001.7.17 2002.8.8 2004.3.18 石川島播磨
DD-113 さざなみ 2002.4.3 2003.8.29 2005.2.16 三菱長崎
DD-114 すずなみ 2003.9.24 2004.8.26 2006.2.16 石川島播磨



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

「たかなみ」
左前
〈040426.高松〉
「たかなみ」
右後ろ
〈040426.高松〉
「たかなみ」
ヘリ格納庫
〈040426.高松〉
「たかなみ」
マスト
〈040426.高松〉
「たかなみ」
後部煙突
〈040426.高松〉
「たかなみ」
錨甲板
〈040426.高松〉
「たかなみ」
艦橋
〈040426.高松〉
「さざなみ」
右前
〈080308.呉〉