VLS(Vertical Launching System)


〈護衛艦「いなづま」の前部VLS Mk-41(16セル)  080727.玉島〉

諸元・性能
備考 スタンダードSM-2MR、SM-3MRおよびアスロックSUM、シースパローSAMの発射機で、米海軍制式兵器である。海上自衛隊ではこれまでのMk-13発射機や箱型のアスロックシースパロー発射機に代わり、イージス艦「こんごう」型をはじめとして、護衛艦「むらさめ」型「たかなみ」型、「ひゅうが」型、イージス護衛艦「あたご」型に装備している。VLSは甲板に埋め込まれた波状鋼板の箱で、ミサイルの運搬・保管コンテナであると同時に発射筒も兼ねる。キャニスターによって長さの違うミサイルも収納できるので、種類の異なるミサイルの運用も可能になっている。
海自艦艇で使用されているVLSはMk41とMk48であるが、Mk48はMk41と異なり、対空ミサイルに特化された仕様となっていて、キャニスターが曝露された形で搭載される。なお、Mk41、Mk48というのはVLSのシステム全体を指す名称であり、発射機はMk158(Mk41用)、Mk159(Mk41用)、Mk20(Mk48用)という個別の名称がある。
「むらさめ」型は前部甲板に16セルのMk41(アスロック専用)、後部第2煙突直前の上甲板に16セルのMk48(シー・スパロー専用)を分割して装備したが、後継の「たかなみ」型では32セルの MK41を艦橋直前の構造物に集中させている。
イージス護衛艦「こんごう」型では前部甲板に29セルのMk158、後部甲板に61セルのMk159(どちらも3セルはクレーン収納用)を装備、その後継の「あたご」型ではクレーンを廃して前部甲板に64セルのMk158、後部甲板に32セルのMK159を装備している。
米艦から発射されたミサイルが垂直に上昇していくシーンは、イラク戦争の報道でも度々放映され記憶に新しいところである。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

「こんごう」の
前部Mk159発射機
〈040417.呉〉
「こんごう」の
前部Mk159発射機
〈050816.高知〉
「こんごう」の
後部Mk158発射機
〈050816.高知〉
「あしがら」の
前部Mk158発射機
〈090719.高知〉
「あしがら」の
前部Mk158発射機
〈090719.高知〉
「あしがら」の
前部Mk158発射機
〈090719.高知〉
「いなづま」の
前部Mk41
〈030517.阪神〉
「いなづま」の
前部Mk41
〈080727.玉島〉
「たかなみ」の
Mk41
〈040426.高松〉
「いなづま」の
後部Mk48
〈080727.玉島〉
「こんごう」の
前部Mk159発射機
クレーン収納セル
〈040417.呉〉
「いなづま」の
前部VLSセル
〈030517.阪神〉