107mm迫撃砲 M2


〈第2混成団/第15普通科連隊(善通寺駐屯地) 020929.善通寺〉

諸元・性能
口径 107mm
砲身長 1,285mm
重量 約151kg
給弾方式 手動/単発
発射速度 持続5発/分 最大20発/分
最大射程 4,000m(HE)
供与 米国
備考 第2次大戦で米軍が多用した重迫撃砲で、砲身内にライフリングが施されており命中精度も高い。1 1/2tトラック等に積載され移動するが、使用時には荷台から砲を卸して設置する作業が必要なため、機動性にはいささか欠けていたようである。
普通科部隊の支援用火砲として長く使用されてきたが、現在では120mm迫撃砲への更新が進み、近代化が終了していない一部部隊に残されている程度となっている(2010年には全数退役予定とされる)。操作人員は6人で、専用のリヤカーでの運搬も可能。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

右後ろ
〈020929.善通寺〉
照準機
〈020929.善通寺〉
砲口
〈020929.善通寺〉
擬製弾
〈020929.善通寺〉
射撃姿勢
〈050925.善通寺〉