掃海管制艇「にいじま」型


〈掃海管制艇「ははじま」MCL-724  040606.大阪湾〉


諸元・性能
全長 55m
全幅 9.4m
深さ 4.2m
吃水 2.5m
基準排水量 440t
エンジン 三菱12ZC15/20 I型ディーゼル2基2軸  出力:1,400PS
速力 14kt
乗員 28人
船型 船首楼型
主要兵装 遠隔操縦式掃海具操縦装置×1
備考 中型掃海艇「はつしま」型を改装した掃海管制艇は、平成になって新型掃海システムの採用によって新たに導入された艦種である。無人自航式の大型掃海具を誘導管制するもので、無人の掃海具は水深の浅い海面でも自由に航行できるほか、より危険度の高い海域での掃海にも使用できるメリットがある。従来、小型掃海艇(MSB)6隻と掃海母艇(MST)1隻で港湾/沿海部などの浅海面の掃海にあたっていたが、小型掃海艇(MSB)の退役に伴い、この新システムが採用された。運用する遠隔操縦自航式掃海具(SAM)は、スウェーデンで開発されたもので、左右の浮体の上に構造物を載せている。磁気機雷と音響機雷の除去、掃海海面へのブイ(浮標)の設置も行える。本型掃海管制艇1隻で、SAM2隻を同時に管制することが可能である。乗員は掃海艇籍の42人から28人に減少した。1番艇の「にいじま」から4番艇の「おぎしま」までは既に除籍済みで、2010年現在、旧「はつしま」型掃海艇を種別変更した掃海管制艇としては「さくしま」のみが現役にある。以後は次級である「うわじま」型掃海艇からの種別変更が行なわれる事になっており、既にその一番手として「いえしま」が掃海管制艇として就役している。

艦記号・番号/艦名 起工 進水 竣工 建造所
MCL-723 やくしま
(2004.2.16除籍)
1981.6.15 1982.6.22 1982.12.17
(改装:1999.5.12)
日鋼鶴見
MCL-724 ははじま
(2006.2.8除籍)
1983.5.20 1984.6.27 1984.12.18
(改装:2002.3.4)
日鋼鶴見
MCL-725 かみしま
(2008.12.17除籍)
1985.5.10 1986.6.20 1986.12.16
(改装:2004.2.16)
日鋼鶴見
MCL-726 おぎしま
(2010.2.26除籍)
1986.5.16 1987.6.10 1987.12.17
(改装:2006.2.8)
日立神奈川
MCL-727 さくしま 1988.5.17 1989.6.2 1989.12.13
(改装:2008.12.7)
日鋼鶴見


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

「ははじま」
右側面
〈040606.大阪湾〉
「ははじま」
左側面
〈040606.大阪湾〉
「ははじま」
左側面
〈050211.呉〉
「おぎしま」
左前
〈070526.高松〉
「おぎしま」
左側面
〈070526.高松〉
「かみしま」(左)「おぎしま」(右)
左上
〈070526.高松〉
「おぎしま」
艦橋構造物
〈070526.高松〉
「かみしま」
艦橋構造物
〈070526.高松〉
「おぎしま」
煙突
〈070526.高松〉
「かみしま」
マスト
〈070526.高松〉
「かみしま」
クレーン
〈070526.高松〉
「おぎしま」
前甲板
〈070526.高松〉
「かみしま」
艦橋操縦スタンド
〈070526.高松〉
「かみしま」
舵輪
〈070526.高松〉
「かみしま」
艦橋
〈070526.高松〉
「かみしま」
SAMコントローラー
〈070526.高松〉
「かみしま」
科員食堂
〈070526.高松〉
「かみしま」
風呂・トイレ
〈070526.高松〉
遠隔操縦自航式掃海具(SAM)
〈050211.呉〉