73式 大型トラック(旧型)


〈第13旅団/第13偵察隊(出雲駐屯地)#34-6705  021027.出雲〉

諸元・性能(カッコ内はロングタイプ)
全長 7,030mm(8,130mm)
全幅 2,485mm
全高 3,080mm
車両重量 8,000kg(8,140kg)
積載量 6,000kg
最高速度 95km/h
出力 240PS
製作 いすゞ自動車
備考 1973年から調達が始まったキャブオーバートラックで、各科部隊で広く使用されており、ここから派生したバリエーションも実に豊富である。角張ったボディに丸いライトが特徴。何度か改修がなされているようだが、大きく分けて初期型と後期型に分類できるようだ。1973年から配備が開始された初期型は「SKW-440」「SKW-441」型と呼ばれ、キャブの前面に3本のスリットが開いており、ワイパーがフロントガラスの上側から吊り下がる形でついている(下記サムネイル参照)。現在ではほぼ退役しているようで、初期型の姿はなかなか見る機会がない。これに対し1987年から配備が開始された後期型は「SKW-462」型から「SKW-464」型と呼ばれ、初期型に比べてキャブが大型化し、ワイパーがフロントガラスの下側に移動したほか、エンジンの出力増強などもはかられている。ここに掲載している写真のほとんどはこの後期型である。
1999年度から四角いライトの新型車両が登場しているが、この旧型もまだまだ現役で活躍中である。縦隊をなして国道を走っていたりするので、比較的よく見かける車輌と言える。
また、キャブと荷台の間にクレーンを装備したものもあり(下記サムネイル参照)、このタイプは全長で550mm、全高で270mm、車輌重量で1,080kg大きい。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

通常タイプ

ロングタイプ
〈021020.日本原〉

幌付・右側面
〈021110.三軒屋〉

幌付・右前
〈030907.米子〉

幌付・左前
〈081102.海田市〉

左側面
〈091115.三軒屋〉

バンパー取外し状態
〈051113.三軒屋〉

前照灯
〈051113.三軒屋〉

初期型・正面
〈061112.海田市〉

作業機付き

左前
(030907.米子)