B-65 連絡機


〈用途廃止展示機 #03-3094  041003.浜松〉

諸元・性能
全長 11.1m
全幅 14.0m
全高 4.3m
全備重量 3.5t
最大速度 約380km/h
航続距離 約1,650km
エンジン IGSO-480-A1B6   340HP×2
乗員 6名
備考 民間名はクイーン・エアと言い、ビジネス機として広く使用された機種である。1963年から1967年にかけて海上自衛隊に計28機が導入されたが、そのうち5機は航空自衛隊が購入したもので、計器飛行訓練用として海上自衛隊に運用を依託していた。その後海上自衛隊ではTC-90練習機の配備が進んだため、1979年度末に5機が航空自衛隊に再移管され連絡機として運用されたという珍しい経緯を持つ。そのためかどうかはわからないが、機体のカラーリングは海上自衛隊のTC-90練習機にそっくりである。1997年から後継機としてU-4の配備が始まり、B-65は1999年に全数退役となった。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)