KC-130F/R/J ハーキュリーズ 空中給油機


〈VMGR-152“Sumos”(第152海兵空中給油飛行隊)QD-690(普天間基地) 050910.岩国〉

諸元・性能
乗員 5人
全長 29.79m
全幅 40.41m
全高 11.66m
自重 36,279kg
最大離陸重量 79,379kg
エンジン 4基  名称:アリソンT56-A-15  出力:4,591shp
最大速度 559km/h
航続距離 4,749km
製作 ロッキードマーティン社
備考 米海兵隊が使用しているKC-130は、海兵隊が保有する固定翼機やヘリコプターへの空中給油を主任務とする。また、機内のカーゴスペースに収容された燃料タンクを降ろすことで、輸送任務にに使うこともできる。給油方式は主翼下に装備されたドローグポッドによるプローブアンドドローグ方式を採用している。プロペラ機であるため、ヘリコプターなどの低速機にも給油できるというメリットがある。
KC-130RはKC-130Fの燃料搭載量増大型。現行では最新モデルとなるKC-130JはC-130Jを空中給油機仕様にしたもので、エンジンが換装され、プロペラが4翅から6翅に改められている。
普天間基地の第36海兵航空群(MAG-36)には、恒久部隊として第152海兵空中給油飛行隊(VMGR-152)が常駐している。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

KC-130F

右側面
(050910.岩国)
右後ろ
(050910.岩国)
右側面
(990505.岩国)
右前
(070505.岩国)
エンジン・プロペラ
(070505.岩国)
ドローグポッド
(070505.岩国)
ドローグホース
(070505.岩国)
ドローグ
(070505.岩国)
IRジャマー
(070505.岩国)
JATO取付口
(070505.岩国)

KC-130J

右前
(090505.岩国)
下面
(090505.岩国)
空中給油デモ
(090505.岩国)
右後ろ
(090505.岩国)
機首
(090505.岩国)
ピトー管
(090505.岩国)
電子装置冷却用エアインテーク
(090505.岩国)
プロペラ
(090505.岩国)
プロペラ
(090505.岩国)
ドローグホース
(090505.岩国)
ドローグ
(090505.岩国)
ドローグポッド信号灯
(090505.岩国)
チャフディスペンサー
(090505.岩国)