F/A-18A/C/D ホーネット 戦闘攻撃機


〈VFMA-212“Lancers”(第212海兵戦闘攻撃飛行隊)CO機 WD01 B.n.163730(岩国基地) 030505.岩国〉

諸元・性能
乗員 1人(D型は2人)
全長 17.07m
全幅 11.43m
全高 4.66m
自重 10,810kg
最大離陸重量 23,541kg
エンジン 2基  名称:GE F404-GE-402
最大速度 マッハ1.8
戦闘行動半径 1,063km
兵装 M61 20mm機関砲×1
製作 ボーイング(旧マグダネル・ダグラス)社
備考 米海軍でも艦載機として使用されているF/A-18ホーネットは、海兵隊では地上基地に配備されている戦闘攻撃機である。空対空ミサイル4発を搭載しながら、残る5兵装架に増槽や爆弾など5トンを搭載できる。またスパロー空対空ミサイル用の胴体兵装架にはセンサーポッドを装着でき、レーザー/赤外線/低光量テレビ誘導兵器の誘導が可能となっている。このように、F/A-18は地上戦闘部隊の上空支援を行なうのに非常に有効な戦闘攻撃機と言える。
米海兵隊の使用するF/A-18にはA/C/Dの3タイプがある。このうち初期型のA型は一部装備をアップグレードしてC型相当に改修した機体があり、F/A-18A+(Plus)と呼称される。また、下記の写真のように F/A-18A++という機体も存在するようだ。
復座のF/A-18Dは夜間攻撃型である。F/A-18は元来戦闘機と攻撃機の両任務をこなせるマルチロール機であるが、D型はこれに加えてA-6E全天候攻撃機、RF-4B偵察機、OV-10前線航空管制機の任務も引き継ぐ万能機となっている。後席はF-15Eなどと同じくWSO専用席である。F/A-18Dには一部機首下のバルカン砲を取り外して戦術偵察システム(ATARS)を搭載しているものがあり(下記サムネイル参照)、この場合機首のバルカン砲口は塞がれている。
日本では岩国基地にVFMA-212が恒久部隊として常駐するほか、F/A-18A、C、Dの部隊がそれぞれ6ヶ月のローテーションで米本土から派遣されてきている。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

F/A-18A++
左側面
〈091004.岩国〉
左前
〈091004.岩国〉
正面
〈091004.岩国〉
左後ろ
〈091004.岩国〉
IFFアンテナ、機首機関砲口
〈091004.岩国〉
HUD
〈091004.岩国〉
編隊灯、AOAトランスミッター
〈091004.岩国〉
境界層分割板、エアインテーク
〈091004.岩国〉
前脚
〈091004.岩国〉
左主脚
〈091004.岩国〉
右主脚
〈091004.岩国〉
左垂直尾翼、AN/ALQ-165、
AN/ALQ-67アンテナ、衝突防止ビーコン
〈091004.岩国〉
ノズルアクチュエーター、アレスティングフック
〈091004.岩国〉

F/A-18C
右後ろ
〈030505.岩国〉
アレスティングフック
〈030505.岩国〉
垂直尾翼アンテナ
〈030920.岩国〉
前脚
〈030920.岩国〉
右後脚
〈030920.岩国〉
右後ろ
〈050505.岩国〉
左側面
〈050505.岩国〉
IFFアンテナ
〈050505.岩国〉

F/A-18D

右前
〈030505.岩国〉
正面
〈050910.岩国〉
右後ろ
〈080505.岩国〉
ATARS装備機
正面
〈020914.岩国〉
ATARS装備機
左前
〈020914.岩国〉
ATARS装備機
左側面
〈090505.岩国〉
ATARS装備機
左側面
〈020914.岩国〉
ATARS装備機
左後ろ
〈020914.岩国〉
ATARS装備機
後ろ
〈020914.岩国〉
ATARS装備機
右後ろ
〈080505.岩国〉
機首バルカン砲口
〈020505.岩国〉
ATARS 戦術偵察システム
〈031207.新田原〉
ATARS 戦術偵察システム
〈051210.新田原〉
前脚
〈020914.岩国〉
前脚
〈050910.岩国〉
左主脚
〈020914.岩国〉
左主脚
〈090505.岩国〉
エアインテーク
〈020914.岩国〉
アレスティングフック
〈050910.岩国〉
右衆直尾翼
〈090505.岩国〉
VMFA(AW)-121
CO機
〈050910.岩国〉
VMFA(AW)-225
CO機
〈090505.岩国〉
VMFA(AW)-224
CO機
〈090505.岩国〉
VMFA(AW)-224・群司令機、ATARS装備型
〈090505.岩国〉


s