練習艦「しまゆき」


〈練習艦「しまゆき」TV-3513  031214.高松〉

諸元・性能
全長 130m
全幅 13.6m
深さ 8.5m
吃水 4.4m
基準排水量 3,050t
エンジン COGOG方式ガスタービン4基(川崎ロールスロイス・タインRM1C巡航用2基、オリンパスTM3B高速用2基)2軸  45,000PS
速力 約30kt
乗員 約200人
船型 長船首楼型
主要兵装 76mm62口径単装速射砲×1、高性能20mm多銃身機関砲(CIWS)×2、短SAM シースパロー8連装発射機×1、4連装SSM発射機×2、アスロック8連装発射機×1、3連装短魚雷発射管×2
備考 護衛艦「はつゆき」型の12番艦として建造されたが、1999年3月18日に練習艦として種別変更された。ヘリコプター格納庫内にプレハブ式の実習員講堂が設置されている。
“はつゆき”型は現在もDDHやDDGとともに機動水上任務群の一員として活躍しているが、その最終番艦として建造されながら、練習艦にいち早く種別変更された例はこれまでにない。その大きな理由は、時代の趨勢により海上自衛隊の現役艦艇がイージス艦など最先端技術を駆使したシステム艦化により、実習員などの教育、訓練もこれに適合したものが求められていることにある。従来のように除籍間近の艦艇が種別変更するのとは違った傾向が伺われる。

艦記号・番号/艦名 起工 進水 竣工 製造所
TV-3513 しまゆき
(1999.3.18 練習艦に種別変更)
1984.5.8 1986.1.29 1987.2.7 三菱長崎


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

左前
〈031214.高松〉
右前
〈031214.高松〉
右後ろ
〈031214.高松〉