潜水艦「おやしお」型


〈潜水艦「くろしお」SS-596  080720.呉〉

諸元・性能
全長 82m
全幅 8.9m
深さ 10.3m
吃水 7.4m
基準排水量 約2,750t
エンジン 川崎12V25/25Sディーゼル2基、推進電動機1基、1軸  出力:7,750PS
速力 水上12kt、水中20kt
乗員 約70人
船型 復殻式葉巻型
主要兵装 533mm魚雷発射管(ハープーン対艦ミサイル発射兼用)×6
備考 諸外国の潜水艦の技術的趨勢に対応する水中探知能力向上型で、「ゆうしお」型の代替艦となる通常動力型潜水艦。船型は四半世紀にわたって踏襲してきた涙滴型から脱し、海上自衛隊では初めて葉巻型が採用された。新型魚雷や潜水艦発射による係維型・沈底型機雷の発射装置、また我が国では初めて船体自体をソナーとする「フランク・アレイ・ソナー(コンフォーマル・アレイ・ソナー)」を装備している。こうした聴音システムは艦首のバウ・ソナー、艦尾のTASS(曳航式ソナー)を加え3つのセンサーで構成されることになり、全周位の測的が可能となって、その能力は飛躍的に向上する。船体構造上の特徴としては、従来の復殻式から一部単殻式の構造が採用されている。また、敵のソナー音を吸い取って無反射状態にする音波吸収材(無反響タイル)を船体に取り付けて、ステルス性の向上もはかっている。なお、在来型では船体両舷に3門ずつ装備している魚雷発射管の位置は、艦首先端上部に6門集中して配置している。

艦記号・番号/艦名

起工

進水

竣工

製造所

SS-590 おやしお

1994.1.26

1996.10.15

1998.3.16

川重神戸

SS-591 みちしお

1995.2.16

1997.9.18

1999.3.10

三菱神戸

SS-592 うずしお

1996.3.6

1998.11.26

2000.3.9

川重神戸

SS-593 まきしお

1997.3.26

1999.9.22

2001.3.29

三菱神戸

SS-594 いそしお

1998.3.9

2000.11.27

2002.3.14

川重神戸

SS-595 なるしお

1999.4.2

2001.10.4

2003.3.3

三菱神戸

SS-596 くろしお

2000.3.27

2002.10.23

2004.3.8

川重神戸

SS-597 たかしお

2001.1.30

2003.10.1

2005.3.9

三菱神戸

SS-598 やえしお

2002.1.15

2004.11.4

2006.3.9

川重神戸

SS-598 せとしお

2003.1.23

2005.10.5

2007.2.28

三菱神戸

SS-598 もちしお

2004.2.23

2006.11.6

2008.3.6

川重神戸


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

「みちしお」
右前
〈050809.境港〉
「まきしお」
左前
〈010825.呉〉
「くろしお」
左前
〈050723.呉〉
「くろしお」
左側面
〈080720.呉〉
艦名不詳
右前
〈050211.呉〉
艦名不詳
〈020727.呉〉
セイル
〈050211.呉〉
「まきしお」
セイル
〈010825.呉〉
正面
〈050211.呉〉
逆探知用ソナー
〈050211.呉〉