潜水艦「はるしお」型


〈潜水艦「はやしお」SS-585  040606.大阪湾〉

諸元・性能
全長 77.4m
全幅 10.0m
深さ 10.5m
吃水 7.7m
基準排水量 約2,450t
エンジン 川崎12V25/25Sディーゼル2基、推進電動機1基、1軸  出力:7,200PS
速力 水上約12kt、水中約20kt
乗員 約75人
船型 完全復殻式涙滴型
主要兵装 水中発射管(ハープーン対艦ミサイル兼用)×6
備考 「ゆうしお」型の発展型となる海上自衛隊の涙滴型第3世代の潜水艦。水中行動能力の向上、潜航深度の増大、索敵能力の強化、攻撃能力の強化、雑音低減対策がはかられているとともに、乗員居住区の一部改善もおこなわれた。
船体構造は「ゆうしお」型と同様の二重船殻で、船体強度強化のため、新しく開発された高張力鋼NS110が一部に使用されるとともに、VLFブイ・アンテナ導入による潜航したままでの受信装置、衛星通信受信装置も装備された。また主ソナーZQQ-5Bのサブシステムである水中曳航式アレー・ソナー・システムのTASS、艦首部引き込み式小型ソナーを持つほか、マスカー発射装置を装備、USMハープーン、高性能魚雷89式魚雷を搭載している。また、救難設備を充実して、エンジン付きゴムボートの搭載、レーダー反射体などを取り付けた。
最終艦である7番艦「あさしお」は2000年に練習潜水艦に種別変更された。2002年にはスターリングAIP搭載のための工事が行なわれ、翌年からスターリングエンジンの試験が行なわれている。
2008年3月6日、「はやしお」が練習潜水艦に種別変更された。

艦記号・番号/艦名 起工 進水 竣工 製造所
SS-583 はるしお
(2009.3.27 除籍)
1987.4.21 1989.7.26 1990.11.30 三菱神戸
SS-584 なつしお
(2010.3.26 除籍)
1988.4.8 1990.3.20 1991.3.20 川重神戸
SS-585 はやしお
(2008.3.6 練習艦に種別変更)
1988.12.9 1991.1.17 1992.3.25 三菱神戸
SS-586 あらしお 1990.1.8 1992.3.17 1993.3.17 川重神戸
SS-587 わかしお 1990.12.12 1993.1.22 1994.3.1 三菱神戸
SS-588 ふゆしお 1991.12.12 1994.2.16 1995.3.7 川重神戸
SS-589 あさしお
(2000.3.9 練習艦に種別変更)
1992.12.24 1995.7.12 1997.3.12 三菱神戸


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

「はるしお」
左前
〈050723.呉〉
「はるしお」
左後ろ
〈050723.呉〉
「はるしお」
左後ろ・出港時
〈050723.呉〉
「はるしお」
セイル
〈050723.呉〉
セイル
〈050211.呉〉
「ふゆしお」
左側面
〈020727.呉〉
「ふゆしお(?)」
左後ろ
〈040606.大阪湾〉
艦名不詳
右前
〈050211.呉〉