掃海母艦「うらが」型


〈掃海母艦「ぶんご」MST-464  070526.高松〉

諸元・性能
全長 141m
全幅 22.0m
深さ 14.0m
吃水 5.3m
基準排水量 5,650t(「ぶんご」は5,700t)
エンジン 三井12V42M-A型ディーゼル4基2軸  19,500PS
速力 22kt
乗員 約160人
船型 平甲板型
主要兵装 62口径76mm単装速射砲×1(「うらが」は将来装備)、機雷敷設装置一式、対空レーダー1基、対水上レーダー1基
備考 海上自衛隊としては25年ぶりに建造された新型の掃海母艦。「うらが」は「そうや」の、「ぶんご」は「はやせ」の代替艦であるが、機雷敷設能力の向上のほか、母艦機能を充実した事により船体は2倍近く大きい5,650tとなった。船型は平甲板型だが、煙突の後部にはヘリ甲板とデッキハウス型の掃海具格納庫を有し、4基のデッキクレーンを備えていて、大型の掃海ヘリMH-53E用掃海具の揚収用などに使用される。
「ぶんご」の前部甲板には新造時から76mm単装速射砲が装備されているが、「うらが」は除籍した護衛艦からの転用計画が見送られたため将来装備、という事になり未だ搭載されていない。また、この関係から艦橋上部の射撃指揮装置2型も「うらが」には装備されておらず、搭載基台のみ設けられている。
船体が大型化し、母艦機能も大幅に向上したが、乗員数は「そうや」「はやせ」に比べて約20人減少している。これは機械室の無人化、機雷敷設装置の大幅な省人、省力化をはかったことによる。

艦記号・番号/艦名

起工

進水

竣工

製造所

MST-463 うらが

1995.5.19

1996.5.22

1997.3.19

日立舞鶴

MST-464 ぶんご

1996.7.4

1997.4.24

1998.3.23

三井玉野


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

「ぶんご」
右後ろ
〈040529.高松〉
「ぶんご」
左前
〈040529.高松〉
「うらが」
左側面
〈050527.高松〉
「うらが」
左上
〈050527.高松〉
「ぶんご」
左上
〈070526.高松〉
「ぶんご」
艦橋
〈040529.高松〉
「ぶんご」
海図台
〈050521.玉野〉
「ぶんご」
航空掃海具用エレベータ
〈050521.玉野〉
「ぶんご」
艦橋構造物
〈040529.高松〉
「うらが」
マスト
〈050527.高松〉
「ぶんご」
錨甲板
〈050521.玉野〉
「ぶんご」
飛行甲板格納庫
〈040529.高松〉
「ぶんご」
燃料・真水補給用ホースリール
〈040529.高松〉
「ぶんご」
煙突
〈050521.玉野〉
「ぶんご」
デッキクレーン
〈050521.玉野〉
「ぶんご」
工作室
〈070526.高松〉
「ぶんご」
第1昇降機
〈070526.高松〉