海洋観測艦「すま」


〈海洋観測艦「すま」AGS-5103  040201.高松〉

諸元・性能
基準排水量 1,180t
全長 72m
全幅 12.8m
深さ 5.6m
吃水 3.4m
エンジン 富士6 L27.5XF型ディーゼル2基2軸  出力:3,000PS
速力 15kt
乗員 64人 観測員5人
船形 船首楼型
主要装備 水温、塩分、海潮流、海底底質および音響観測器材。
備考 掃海艇“かさど”型改造の中型海洋観測艇1号型(現在は除籍)の減耗補充用として計画された海上自衛隊3代目の海洋観測艦。対潜水艦戦実施上必要な海洋環境データの収集、分析、音響観測のための音源艦としての機能を持つ。相手潜水艦の音響を収録、分析して資料とする機密性の高い任務に従事するため、艦の行動は秘匿され、一般には見学も許可されないので部外者が同艦の内容を伺い知る事はできない。一般海洋観測、海底地形観測に従事する艦位保持のため、プロペラポッド式の艦首推進器を装備するほか、音響観測機能の強化がはかられている。自衛艦としては珍しく舷側に窓を持っている。

艦記号・番号/艦名

起工

進水

竣工

製造所

AGS-5103 すま

1980.9.24

1981.9.1

1982.3.30

日立舞鶴


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

右前
〈040201.高松〉
右後ろ
〈040201.高松〉
観測用巻揚機
〈040201.高松〉
前部マスト
〈040201.高松〉
後部マスト
〈040201.高松〉