繋留器材


〈護衛艦「まつゆき」の艦首ホールス型主錨  050723.呉〉

諸元・性能
備考 ここでは錨や繋留装置など、艦の繋留に必要な器材を取り上げた。(写真に連動)

●主錨
港内や浅海で艦を停泊させる時に用いる重要な繋船具。ホールス型、アドミラルティー型、ダンフォース型などの種類がある。通常、艦首にひとつ、そのやや後方の左舷側にひとつ設置されている。主錨1個を使って錨泊することを単錨泊といい、これが最も一般的な錨泊法である。主錨2個を使う錨泊を双錨泊という。どちらの場合も艦尾は振れ回る状態になっており、潮流や風によって艦が一定の円内を動く範囲をアンカーバースという。単錨泊よりも双錨泊の方がこのアンカーバースが小さくなる。
潜水艦の錨はマッシュルーム・アンカーと呼ばれる独特の形状を持っており、艦底に引き込む事ができる。
●副錨
湾内に艦船が多数いる時や、アンカーバースが大きく取れない時に艦尾から投錨し使用する。
●フェアリーダー
停泊時の繋留策を通す導策器で、海上自衛隊の物はほとんどが環状であり、これを特にクローズドフェアリーダーと言う。
●巻胴(ドラム)
繋船機(キャプスタン)の一部で、曳航策や繋留策を巻取る道具。キャプスタンの動力機械部分は艦内に設置されている。
●ボラート
繋船策類を巻き付けるもので、フェアリーダーと密接な位置関係に設置されている。
●スタンドローラー
大型艦の錨甲板に設置されており、策のガイドに用いる。
●クリート
甲板上の小部品で、ロープの巻き取りに使用する。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

主錨・副錨

「しもきた」の
アドミラルティー型
主錨
〈020911.玉野〉
「こんごう」の艦首
アドミラルティー型
主錨
〈050723.呉〉
「ひえい」の艦首
ホールス型主錨
〈050723.呉〉
「あきしお」の
マッシュルーム
アンカー
〈070503.呉史料館〉
「こんごう」の
ダンフォース型
副錨
〈050816.高知〉
「あけぼの」の
ダンフォース型
副錨
〈080727.坂出〉

揚錨機

「いなづま」の
揚錨機
〈030517.阪神〉
「はたかぜ」の
揚錨機
〈080727.高松〉

フェアリーダー

「しもきた」の艦首
フェアリーダー
〈020911.玉野〉
「さわかぜ」の艦首
フェアリーダー
〈050816.高知〉
「しもきた」の
フェアリーダー
〈020911.玉野〉
「せとゆき」の
フェアリーダー
〈050508.笠岡〉
「ひえい」の
フェアリーダー
〈080720.呉〉
「はたかぜ」の
艦首ブルワーク
フェアリーダー
〈080727.高松〉

巻胴(ドラム)

「しもきた」の巻胴
〈020911.玉野〉
「いなづま」の巻胴〈030727.和歌山〉 「ちくま」の巻胴
〈030517.阪神〉
「せとゆき」の巻胴
〈050508.笠岡〉
「こんごう」の巻胴
〈050816.高知〉

ボラート

「しもきた」の
ボラート
〈020911.玉野〉
「ちくま」の
ボラート
ロープ巻き状態
〈030517.阪神〉
「いなづま」の
ボラート
ロープ巻き状態
〈030517.阪神〉
「ひえい」の
ボラート
〈080720.呉〉

スタンドローラー

「いなづま」の
スタンドローラー
〈030727.和歌山〉
「せとゆき」の
スタンドローラー
〈050508.笠岡〉
「しもきた」の
スタンドローラー
〈020911.玉野〉
「こんごう」の
スタンドローラー
〈050816.高知〉
「ぶんご」の
スタンドローラー
〈050521.玉野〉
「はたかぜ」の
スタンドローラー
〈080727.高松〉

クリート

「せとゆき」の
クリート
〈050508.笠岡〉

リール

「まつゆき」の
艦尾リール
〈040808.高松〉
「くらま」の
リール
〈090719.高知〉