対水上レーダー OPS-18


〈護衛艦「せとゆき」搭載の対水上レーダーOPS-18-1  040606.大阪湾〉

諸元・性能
周波数範囲 5,450〜5,825MHz
出力 100kW以上
水平ビーム幅 2度
垂直ビーム幅 20度
製作 日本無線
備考 護衛艦「たちかぜ」型に搭載するために開発された汎用国産水上レーダー。アンテナはパラボリックトーラス型で、送信機を2組内蔵し広帯域な自動同調機能と10目標までの衝突予防表示機能をもっている。また、OPS-18-1は衝突予防表示機能を取り除き、最小感度を向上させたレーダーで、「はつゆき」型に搭載された。
ミサイル艇1号型に装備されるOPS-18-2、「はやぶさ」型ミサイル艇に装備されるOPS-18-3は形状がガラッと変わり、OPS-28に似たパラボリックシリンダ型になっている。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

「くろべ」搭載のOPS-18
〈040606.神戸〉