電波探知妨害装置 NOLQ-2


〈護衛艦「こんごう」搭載のNOLQ-2(ECM)  040417.呉〉

諸元・性能
構成 受信機、妨害処理機、送信機部、信号処理器、指示制御器、空中線(1)、空中線(2)
製作 三菱電機
備考 本装置は護衛艦「こんごう」型に搭載され、未来到来電波の探知、分析をおこなったあと、目標識別、脅威評価、記録、表示をおこない、探知目標がミサイルホーミングレーダーの場合には、妨害電波を発射し対艦ミサイル攻撃を回避する。また、必要に応じて相手射撃管制レーダー、ミサイル管制レーダー等へも妨害電波を発射して相手レーダーの機能を電子的に無力化あるいは低下させる艦船用電子装備である。
発展型として、「あたご」型が搭載するNOLQ-2Bがある。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

NOLQ-2

「こんごう」搭載のNOLQ-2(ESM)
〈050816.高知〉

「こんごう」搭載のNOLQ-2(ESM)
〈050816.高知〉

「こんごう」搭載のNOLQ-2(ECM)
〈050816.高知〉

「こんごう」搭載のNOLQ-2(ECM)
〈050816.高知〉

「こんごう」搭載のNOLQ-2(ECM)
〈050723.呉〉

NOLQ-2B

「あしがら」搭載のNOLQ-2B(ESM)
〈090719.高知〉

「あしがら」搭載のNOLQ-2B(ESM)
〈090719.高知〉

「あしがら」搭載のNOLQ-2B(ECM)
〈090719.高知〉