内火艇


〈護衛艦「あけぼの」搭載の改7.9m内火艇「あけぼの01」  030517.阪神〉

諸元・性能
全長 7.9m
全幅 2.23m
排水量 4.177t
主機 ディーゼル1基 1軸 出力25ps
速力 7ノット
定員 25名
備考 内火艇は艦艇に搭載されているFRP製の艦載艇で、湾内での連絡や物資の運搬、人員の輸送、必要に応じて救難作業などに使用される。7.9m内火艇にはティラー(舵柄)を装備したものと、ティラーを廃して操縦を舵輪式とした改型がある。改型は従来カッターがおこなっていた副錨運搬ができるようになっている。通常、艦艇に搭載されている内火艇は01と02の2隻で、01が右舷側、02が左舷側に格納される。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

改7.9m内火艇

「いなづま」搭載の改7.9m内火艇。
(030517.阪神)

「やまゆき」搭載の改7.9m内火艇。
(080518.玉野)

「しまゆき」搭載の改7.9m内火艇。
(040417.呉)

「くらま」搭載の改7.9m内火艇。
(090719.高知)

7.9m内火艇(テイラー付の旧型)

「ゆうぐも」搭載の内火艇。
(030517.阪神)

「あきぐも」搭載の内火艇。
(040417.呉)