化学消防車 MB-1改B型


〈舞鶴航空基地隊(舞鶴航空基地) 030802.舞鶴〉

諸元・性能
乗員 8人
車輌重量 14,280kg
最大積載量 5,030kg(水4,800リットル、薬液480リットル)
全長 10.980m
全幅 2.495m
全高 3.7m
最大速度 90km/h
登坂能力 tanθ0.92
最小回転半径 10.6m
タンク容量 4800リットル(水)、480リットル(薬剤)
エンジン 型式:RG8 気筒数:V8 総排気量17,900cc 最高出力350ps/2,200rpm
トランスミッション 型式:常時噛合式  変速段数:前進6段、後進1段
製作 東急車両製造
備考 航空機または油火災の消火および人命救助用としてMB-1型改の能力向上を図り1995年度から配備された。
調べてみると、海上自衛隊のイベント等で「MB-1改B型」として紹介されている車輌にはボディ形状の違うものが2種類存在する。ひとつは上の写真に見られるような車体前面が垂直なもの、もうひとつは2003年から配備されている車体前面が斜めに突き出したもので、民間空港では「FCR30」と呼ばれているようだ(下記サムネイル参照)。放水ターレット等は同型のようなので、この2種はボディ前面の形状以外に差違はないものと推察される。

消火能力
水タンク容量及び材質 約4,800リットル 耐蝕アルミニウム合金
薬液タンク容量及び材質 約480リットル ステンレス・スチール
ターレット
吐出量及びホース長
約2,700リットル/分・約60m
約1,350リットル/分・約50m
ハンドライン
吐出量及びホース長
約200リットル/分×2
25.5mm×45m
グランド・スイープ・ノズル 約190リットル/分×2
アンダー・スイープ・ノズル 約60リットル/分×2


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

2003年以前調達型
右後ろ
〈030802.舞鶴〉
ハンドライン
〈030802.舞鶴〉
ターレット
〈030802.舞鶴〉
グランドスイープ
〈040731.舞鶴〉
右側面
〈040731.舞鶴〉

2003年以降調達型

右前
〈091004.岩国〉
右後ろ
〈091004.岩国〉
ターレット
〈091004.岩国〉