SH-60J 哨戒ヘリコプター


〈第21航空群/第123航空隊・舞鶴分遣隊(舞鶴航空基地)#8258  030802.舞鶴〉

諸元・性能
全長 15.65m(ローター含19.80m)
全幅 4.40m(ローター含16.40m)
全高 5.20m
ローター直径 16.40m
自重 6.2t
乗員 3人
エンジン 2基 名称:T700-IHI-401C(ターボシャフト) 出力:1,800SHP×2
最大速度 275km/h
航続距離 584km
実用上昇限度 5,790m
製作 三菱重工、米国シコルスキー社(輸入)
石川島播磨重工(エンジン)、米国GE社(エンジン輸入機)
備考 HSS-2Bに代わる海上自衛隊主力の全天候型哨戒ヘリコプター。米海軍のSH-60Bの機体に、海上自衛隊独自の運用構想を取り入れた防衛庁技術研究本部開発の新対潜システム(水上艦とのデータリンク機能、戦術情報処理システムHCDS)HAS-118を導入して大幅な能力向上がはかられた。機体は非常にスマートな印象である。艦載型と陸上配備型があり、陸上配備型には右側パイロンにFLIR(赤外線監視装置)が搭載されたものもある。ちなみに左側パイロンには、地上配備型は増槽、艦載型には発煙弾のコンテナが搭載されるのが通常らしい。増槽を装備する事で約1時間の飛行時間延長が可能であるが、艦載型は艦から機体内タンクで事足りる範囲しか飛行しないので、増槽を積む事はあまりないそうである(隊員談)。
生産が新しい機体ではミサイル警報装置のセンサー、チャフ・フレアのディスペンサーが装着されているものがある。(下記サムネイル参照) また、IRANの際に旧来の白い塗装を廃し、より視認性の低いグレーのロービジ塗装に塗り替えが進んでいる。(下記サムネイル参照)
近年、不審船対処のため74式車載7.62mm機関銃をドアガンとして搭載している場合がある。(下記サムネイル参照)
同機は103機で生産が終了し、以後は改良型のSH-60Kの配備が進んでいる。



サムネイルをクリックすると部分名称を記載した図解が見れます。(新規ウインドウで開きます)




サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

左側面
〈020928.徳島〉
右前
〈030802.舞鶴〉
右前下
〈030802.舞鶴〉
右側面
〈050402.小月〉
左後ろ
〈020914.岩国〉
新量産機
右前
〈030420.小松島〉
新量産機
左側面
〈030927.徳島〉
新量産機
左側面下面
〈080720.呉〉
ロービジ塗装機
右前
〈050424.小松島〉
ロービジ塗装機
右前
〈040925.徳島〉
ロービジ塗装機
右側面上方
〈050402.小月〉
ロービジ塗装機右下
〈040925.徳島〉
ロービジ塗装機
右後ろ
〈040925.徳島〉
機首内部
〈030420.小松島〉
HPS-104捜索レーダー
〈030420.小松島〉
左前脚
〈020421.小松島〉
右前脚
〈080727.玉島〉
バブルウインドウ
〈040719.高知〉
搭載機器冷却用ファン
〈040719.高知〉
FLIR装置[赤外線監視装置]
〈040418.小松島〉
救助用ホイスト
〈040418.小松島〉
救助用ホイスト
〈080727.玉島〉
エンジン
〈020421.小松島〉
後部ESMアンテナ
〈080727.玉島〉
飛行記録装置
〈020914.岩国〉
パイロン/増槽
〈020421.小松島〉
発煙弾コンテナ
〈040719.高知〉
トラベルポッド
〈040731.舞鶴〉
AN/ASQ-81(V)磁気探知機[MAD]
〈020914.岩国〉
AN/ASQ-81(V)磁気探知機[MAD]
〈080727.玉島〉
チャフ・フレアディスペンサー
〈030927.徳島〉
後脚
〈040418.小松島〉
後脚
〈080727.玉島〉
メインローター・テイルブーム折畳み状態
〈080727.玉島〉
テイルブーム折畳み部
〈080727.玉島〉
機体尾部下面
〈030420.小松島〉
データリンクシステムアンテナ/UHF・VHFアンテナ
〈050424.小松島〉
後部ミサイル警報装置センサー
〈030927.徳島〉
テイルローターギアボックス
〈020914.岩国〉
テイルローター
〈030420.小松島〉
74式車載7.62mm機関銃
〈050424.小松島〉
コクピット・右席
〈030517.阪神〉
コクピット・左席
〈030802.舞鶴〉
戦術情報処理装置
〈030517.阪神〉
戦術情報処理装置統合制御器
〈030420.小松島〉
戦術情報処理装置統合表示器
〈030420.小松島〉
フレア発射
〈080720.呉〉
フレア発射
〈080720.呉〉