P-3C 哨戒機


〈第1航空群/第1航空隊(鹿屋航空基地)#5044  040429.鹿屋〉

諸元・性能
全長 35.6m
全幅 30.4m
全高 10.3m
自重 31t
全備重量 56t
乗員 11人
エンジン 4基 名称:T56-A-14(T56-IHI-14) 出力:4,910ESHP×4
最大速度 395kt
巡航速度 335kt
航続距離 3,830km
実用上昇限度 8,780m
製作 川崎重工(ライセンス生産)、石川島播磨重工(エンジン)
備考 米国ロッキード社の旅客機エレクトラを原形として開発された対潜機P-3A「オライオン」のエンジンや各種搭載機器を新型にした発展型。長距離、長時間の哨戒能力と各種装備の搭載量も大きく、世界でもトップクラスの対潜機として米海軍をはじめ多くの国で使用されている。
海上自衛隊の保有するP-3Cは最新型のアップデートIIIAで、レーダー、ESM、赤外線探知システムなど各種の対潜捜索・探知装備とこれらの情報を総合的に処理する大型デジタル・コンピュータを搭載し、対潜爆弾、魚雷、対艦大型ミサイルなどの大型武器も搭載できる。
以前は「対潜哨戒機」という名称で呼ばれていたが、現在は単に「哨戒機」と呼称されているようだ。#5089以降の機体、およびそれ以前の改修された機体には衛星通信用のフェアリングが機体上部に搭載されている。また#5001〜#5045までは左翼付け根にESMポッドを搭載、#5100、#5101および改修された機体は新型のESMポッドを装備する。カラーリングは長らくホワイト/グレーのツートンだったが、最近ではIRANに入った機体からグレー1色のロービジ塗装に塗り替えられている。
2009年6月より、海上警備行動に基づくソマリア沖・アデン湾の海賊対処任務に派遣されており、これが海自P-3Cの初の海外実動任務となった。
2009年現在、後継機として4発ジェットエンジンを搭載したXP-1が開発・試験中である。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

正面
〈020928.徳島〉
右側面
〈040429.鹿屋〉
左側面
〈030927.徳島〉
左前
〈020928.徳島〉
左後ろ
〈040429.鹿屋〉
ロービジ塗装機
左側面
〈040429.鹿屋〉
ロービジ塗装機
右後ろ
〈030505.岩国〉
ロービジ塗装機
下面
〈040429.鹿屋〉
ロービジ塗装機
下面
〈071028.朝霞〉
ロービジ塗装機
左前
〈080720.呉〉
ロービジ塗装機
下面
〈080720.呉〉
前脚
〈040429.鹿屋〉
前脚
〈091129.築城〉
前脚
〈091129.築城〉
後脚
〈020505.岩国〉
後脚
〈091129.築城〉
ロービジ機
フェアリング
〈040505.岩国〉
フェアリング
〈020922.小松〉
右ピトー管
〈090524.美保〉
左ピトー管・全温度プローブ
〈090524.美保〉
熱交換機エアインレット
〈090524.美保〉
ブレードアンテナ
〈090524.美保〉
プロペラ
〈091129.築城〉
ESMポッド
〈040505.岩国〉
パイロン
〈030914.小松〉
ソノブイランチャー
〈030505.岩国〉
MADブーム
〈040505.岩国〉