74式 自走105mm榴弾砲


〈用途廃止展示車輌  030118.陸上自衛隊広報センター〉

諸元・性能
全長 5.80m
全幅 2.90m
全高 2.39m
全備重量 16.5t
最高速度 50km/h
乗員 4人
最大射程 14,500m
製作 小松製作所(車体) 日本製鋼所(砲・砲塔)
備考 野戦特科部隊が装備する、1974年に仮制式化された戦後初の国産自走榴弾砲で、回転砲塔、水上浮航能力等の特徴がある。が、自走砲を155mmクラスで統一することになり、生産は20台ほどで打ち切られ、1999年度末をもって全て退役している。
車体・砲塔ともにアルミ合金製の溶接構造で、車体前部左側に操縦手席、右側に機関室があり、後部に搭載された全周旋回式の砲塔では前部右側に照準手(砲手)、その後方に砲班長(車長)、左側には装填手が位置する。砲は戦後初の純国産品の30口径105mm砲で、俯仰角は約-6〜+73度、最大射程は74式榴弾(長射程弾)と9号装薬の組み合わせで約14,500mである。最大発射速度は毎分10発で、携行弾数は43発となっている。また、エンジンや変速機等に73式装甲車のコンポーネントが多数流用されている。
生産台数が少ないので駐屯地の用途廃止展示でもあまり目にする機会はなさそうだが、私の場合だと善通寺駐屯地と日本原駐屯地、信太山駐屯地、姫路駐屯地、陸上自衛隊広報センターの5箇所で見かけたのはラッキーなことだったのかもしれない。以前、善通寺の展示車両には第2混成団のエンブレムがペイントされていたが、同団にこの車両が配備されたことはない。現役時代は北海道の第117特科大隊でのみ運用されていた(はず)。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

右前
〈020929.善通寺〉
右後ろ
〈020929.善通寺〉
右後ろ
〈090426.善通寺〉
右側面
〈020929.善通寺〉
正面
〈030118.陸上自衛隊広報センター〉
前照灯等
〈030118.陸上自衛隊広報センター〉
B.Oテールランプ
〈030118.陸上自衛隊広報センター〉
B.Oテールランプ、フック等
〈090426.善通寺〉
マフラー
〈030118.陸上自衛隊広報センター〉
マフラー
〈090426.善通寺〉
操縦手展望窓
〈030118.陸上自衛隊広報センター〉
砲口
〈030118.陸上自衛隊広報センター〉
105mm榴弾砲
〈090426.善通寺〉
エンジングリル?
〈090426.善通寺〉
砲塔内部
〈031004.日本原〉
砲弾ラック
〈031004.日本原〉