野外炊具1号


〈第14旅団/第50普通科連隊/本部管理中隊(善通寺駐屯地) 080309.高知〉

諸元・性能
重量 2t
炊事能力 200人分の炊事を約45分以内に実施。
調理の種類 焼物を除くあらゆる調理が可能
牽引車 3 1/2tトラック(73式大型トラック)
製作 伸誠商事 マッキンリー
備考 1tトレーラー上に環流式炊飯器6個と万能調理機を積載しており、道路上を走りながら炊飯をすることができる(ただし公道上では消防法の制限があるため実行は不可能、演習地なら可能だが、その場合もゆっくりした行軍速度になる。つまり走りながら使用する事は全く推称されていない)。各種の演習、国際貢献、災害派遣等において活躍している。
環流式炊飯器はコンプレッサーで送られる燃料(灯油)をバーナーで燃焼させる構造を持ち、汁物、煮物、揚げ物、炒め物など炊飯以外の調理にも使用できる(焼物はできない)。
通常は炊飯器4個で米を炊き、2個で副食を調理するのが一般的なようだ。炊飯釜は水210リットルを約30分で沸騰させる能力を持ち、飲料用の熱湯供給のほか、訓練・演習時に支給する戦闘糧食を加熱する事もできる。万能調理機(野菜調理機)は材料の下ごしらえに使用されるもので、食材を料理に合わせて裁断するため、数種類の交換刃が用意されている。
「腹が減っては戦はできぬ」。缶メシやレーションもよいが、やはり温かい食事を供する事ができるか否かで軍隊の志気というのは変わってくるものであろう。そういう意味で、自衛隊にとって非常に重要なアイテムといえる。
2004年に起きた新潟中越地震では全国の駐屯地からこの野外炊具1号が持ち込まれ、被災者に食事支援を行なった。



サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

天蓋付・左後ろ
〈020429.百間川〉
天蓋付・左前
〈020429.百間川〉
天蓋付・左側面
〈061112.海田市〉
右側面
〈031026.海田市〉
牽引時・左後ろ
〈031019.八尾〉
牽引時・右後ろ
〈051120・福知山〉
牽引時・左側面
〈051120・福知山〉
炊飯器
〈031019.八尾〉
火力調節ツマミ
〈050417.信太山〉
火力調節ツマミ
〈080309.高知〉
万能調理器
〈050417.信太山〉
万能調理器
〈080309.高知〉
発電機
〈081005.米子〉