対人狙撃銃


〈第3師団/第7普通科連隊/第2中隊(福知山駐屯地) 051120.福知山〉

諸元・性能
口径 7.62mm
全長 1.09m
重量 5.5kg
給弾方式 弾倉式
備考 米陸軍・海兵隊でも採用されている、レミントン700をベースにした狙撃銃で、ケース等付属品も含めてM24SWS(狙撃システム)と呼ばれる。陸上自衛隊では狙撃用に使用された64式小銃の減勢にともない、2002年からFMS(対外有償軍事援助)によって新たに導入されたもので、2010年現在までに1000セット以上が調達されている。
ボルトアクション式で装弾数は5発。肩当て部は使用者の体型に合わせて調節できる。発射の際のガス圧によって排莢・次弾装填する自動小銃等と違って、ボルトアクション式の銃は発射のパワーを全て「撃つ事」に使えるのがいいところだとか(隊員談)。徐々に配備も進んでいるらしく、最近では駐屯地イベント等で見かける事も多くなってきた。
狙撃に際しては射手と観測手(スポッター)でチームを組むが、観測手は単眼鏡(下記サムネイル参照)等を用いて狙撃にとって重要な射距離・気象等から弾道を計算して、敵状などを考慮し射手に対して指示を出す役目を負う。また通信機も装備し、連絡調整も行う。


サムネイルをクリックすると部分名称を記載した図解が見れます。(新規ウインドウで開きます)




サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

右側面
(040718.富士)
右側面
(080309.高知)
右前
(040718.富士)
左側面
(040718.富士)
左側面
(051120.福知山)
ボルトオープン
(051120.福知山)
ボルトハンドル・安全装置
(091024.日本原)
二脚
(051120.福知山)
銃口
(051120.福知山)
銃口
(040718.富士)
引金
(091024.日本原)
銃床・肩当て部
(051120.福知山)
肩当て部
(091024.日本原)
照準眼鏡
(040718.富士)
照準眼鏡
(051120.福知山)
照準眼鏡
(051120.福知山)
単眼鏡と狙撃銃
(080309.高知)
BUSHNELL製
単眼鏡・右前
(080309.高知)
BUSHNELL製
単眼鏡・右前
(080309.高知)
BUSHNELL製
単眼鏡・左側面
(080309.高知)