地対空誘導弾「改良ホーク」


〈第8高射特科群/第331高射中隊(青野原駐屯地) 021013.伊丹〉

諸元・性能(誘導弾)
全長 約5,000mm
直径 約350mm
重量 約600kg
誘導方式 セミアクティブ・レーダー・ホーミング方式
推進 固体燃料
製作 三菱電機、東芝、米国レイセオン社(技術提携先)
備考 中空域に進入した目標を撃墜するための地対空ミサイル。1954年に開発された米陸軍のMIM-23ホークをベースに改良が続けられ、高射特科群において改善2型、および3型が運用されている。パルス捕捉レーダー、CW捕捉レーダー、高出力イルミネーターレーダー、測距レーダー(改善1,2)、情報調達中枢(改善1,2)、中隊統制中枢(改善1,2)、中隊指揮装置(改善3)、発射機、接続箱、発電機、ローダー、パレット、トレーラーなどで構成される。
国内では実弾発射訓練ができないため、隊員はわざわざアメリカへ渡って実弾訓練する。
運搬の際は運搬車に乗せて大型トラックで牽引し、展開時にはこれを運搬ローダーで発射機へ積み換える。まれに駐屯地イベントでは上の写真のように発射機にセットした状態で展示されている事があり、テスト用のコントローラーで動かして遊ぶ(?)事ができる。手元の小さなコントローラーででっかいミサイルをグルグル動かすのは実に楽しかったり。ただ、イベントで見かけるホークはすべてハリボテである。
2003年度からはホークの後継として国産の03式中距離地対空誘導弾(中SAM)の取得が開始されている。


〈お寄せいただいた情報〉
米軍の使用しているホークと一番大きく異なる点は、改善III型に「ラッシュモード」という機能があることである。これは、多数目標を同時に撃破できるという機能であるが、実際にこの「ラッシュモード」を使用して射撃を行ったことはこれまで一度もなく、試験射撃も予算の都合上やってないらしい。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

ホーク
〈021013.伊丹〉
ホーク
〈020526.青野原〉
ホーク発射台
〈051120.福知山〉
ホーク運搬パレット
〈021020.日本原〉
ホーク運搬パレット
〈051120.福知山〉
ホーク運搬パレット
〈061008.三軒屋〉
ホーク運搬パレット
〈080727.玉島〉
牽引状態
〈080921.桂〉
CW捕捉レーダー
〈020526.青野原〉
CW捕捉レーダー
〈020526.青野原〉
高出力イルミネーターレーダー
〈020526.青野原〉
高出力イルミネーターレーダー
〈020526.青野原〉
パルス捕捉レーダー
〈020526.青野原〉
測距レーダー
〈020526.青野原〉
測距レーダー
〈020526.青野原〉
運搬ローダー
〈051120.福知山〉
運搬ローダー
〈051120.福知山〉
運搬ローダー
〈020526.青野原〉
運搬ローダー
〈020526.青野原〉
運搬ローダー
操縦席
〈020526.青野原〉