5.56mm機関銃 MINIMI


〈第4陸曹教育隊/普通科教育中隊(大久保駐屯地) 040523.大津〉

諸元・性能
口径 5.56mm
全長 約1,040mm
重量 約7.01kg
発射速度 750〜1,000発/分
給弾方式 弾倉、ベルト
製作 住友重機械工業
備考 主として普通科部隊に装備し、分隊(班)の支援火器として使用する機関銃。主力小銃が89式小銃に更新されたのにともない、弾薬の共通化を図るとともに近接戦闘火力の増強のために、62式機関銃の更新用として1995年から装備が開始された。ベルギーのFN社が開発したM249「MINIMI」を住友重機械工業がライセンス生産しているもので、従来の軽機関銃より軽量で、携行も容易になっている。通常、リンクベルト給弾および専用の箱型弾倉(200発入り)から給弾されるが、場合によっては89式小銃の弾倉も使用可能である。発射速度は標準(750発/分)と最大(1,000発/分)の2段階に切替ができる。また、下部被筒の下に収容可能な二脚架を展張して射撃ができるほか、アダプタを介した三脚架での射撃が可能となっており、車載も容易である。
陸上自衛隊では2009年度までに4000丁以上が調達されている。機関銃手にとっては、何かと評判の悪かった62式機関銃からこのMINIMIに更新された事でかなり負担と心労が減ったのではないだろうか。デザインも近代的でかっこいい。



サムネイルをクリックすると部分名称を記載した図解が見れます。(新規ウインドウで開きます)




サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

右前
〈020908.米子〉
左側面
〈021020.日本原〉
右側面
〈051016.海田市〉
左側面
〈050917.日本原〉
左側面
〈040905.米子〉
上部
〈021013.伊丹〉
肩当て
〈021103.海田市〉
被筒
〈020908.米子〉
給弾口
〈051113.三軒屋〉
給弾口
〈020908.米子〉
リンク給弾
〈040905.米子〉
槓桿、拝莢口
〈040523.大津〉
槓桿、拝莢口
〈071118.三軒屋〉
規整子レバー、照星
〈040905.米子〉
規整子レバー
〈091024.日本原〉
キャリングハンドル 照門
〈020908.米子〉
照門
〈051113.三軒屋〉
照星・消炎器
(021013.伊丹)
消炎器
〈091024.日本原〉
照星
〈050917.日本原〉
空砲用箱弾倉装着時
〈040523.大津〉
軽装甲機動車車載時
〈091108.海田市〉