110mm 個人携帯対戦車弾


〈第2混成団/第15普通科連隊(善通寺駐屯地)  020929.善通寺〉

諸元・性能
愛称 パンツァーファウスト III もしくは LAM(Light Antiarmor Munition)
全長 1,200mm
直径 110mm
重量 約13kg
弾頭重量 3.8kg
有効射程 500m(固定目標)
飛翔速度 250m/秒
製作 IHIエアロスペース富岡
備考 主として普通科部隊に装備する、使い捨て式の携行対戦車ロケット弾。ドイツが開発した「パンツァーファウスト3」をIHIエアロスペースがライセンス生産している。陸上自衛隊では「Light weight Anti tank Munition」の略称である「LAM(ラム)」が通称のようだ。
発射装置(照準器)、弾頭、発射筒の3点で構成されており、このうち発射装置は持ち帰るよう指導されているものの、万が一実戦になった際には「そんなこと言ってられないので捨てて帰る(だろう)」とは隊員の弁である。発射装置はフォアグリップ、グリップ、ストックが折り畳めるようになっている(下記サムネイル参照)。
発射時には「カウンター・マス」と呼ばれる細かいプラスチック片(もしくは金属片)を筒尾から放出することで、後方への爆風を減少させる構造になっている。弾頭の先には「プローブ」と呼ばれる伸縮式の信管が付いており、これを伸ばすか収納するかで「対戦車」か「対建造物」を選ぶようになっている。発射された弾頭は安定翼が展開し、ロケットモーターに点火して加速しながら目標に向かって飛翔する。
実際に持ってみるとすごく重い。こんなものを担いで走る兵隊さんは大変である。もともとドイツ製ということもあって、デザインはすごくいい。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

左側面
〈020929.善通寺〉
照準器・発射装置
〈051113.三軒屋〉
照準器・発射装置
折畳み状態
〈051113.三軒屋〉
照準器
〈020908.米子〉
発射筒注意書き
〈020908.米子〉
擬製弾弾頭
〈020519.千僧〉
擬製弾弾頭
〈061008.三軒屋〉
擬製弾弾頭
〈050925.善通寺〉
発射筒
〈050925.善通寺〉