移動式3次元レーダー装置 J/TPS-101


〈第9移動警戒隊(小松基地) 030914.小松〉

諸元・性能
構成 1.空中線装置
2.送受信装置(高2.1m 幅2.4m 長4.8m 重量814kg)
3.指揮管制装置(高2.1m 幅2.3m 長4.8m 重量922kg)
4.通信装置(高2.1m 幅2.1m 長4.0m 重量680kg)
5.発動発電機(高1.2m 幅0.56m 長4.0m 定格出力60kw 定格電圧120/208V)
製作 三菱電機
備考 ●J/TPS-101(M-3D改)
 優れた機動性を有する警戒管制用3次元レーダーで、当時最新のレーダー技術を駆使して完成
 された。目標情報はその方位、距離、速度および高度等について計算機で処理表示
 される。また本装置は、その特性に応じた通信装置を装備しており、固定レーダーサイトとの
 連携運用が可能である。
 2005年時では、移動警戒隊では全て用途廃止となったが、硫黄島で訓練支援のため若干数が
 使用されているとのことである。
●送受信装置
 送信装置と受信装置から構成されており、送信装置は大きな電力の高周波パルスを発生、
 受信装置は目標(航空機)からの反射波を増幅検波する。
●指揮管制装置
 映像信号をブラウン管のスコープに写し、航空機等の移動情報を表示する。
●通信装置
 対空UHF通信装置および対地HF通信装置を使用して航空機およびサイト等を音声通信する。
●発動発電機
 空中線装置および各シェルターに電源を供給するもので多湿かつ塩害地域でも使用できる。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

発動発電機右前
〈030914.小松〉
発動発電機右後ろ
〈030914.小松〉
通信シェルター
右前
〈030914.小松〉
通信シェルター
右前
〈030914.小松〉
指揮管制シェルター
右前
〈030914.小松〉
指揮管制シェルター
右前
〈030914.小松〉
指揮管制シェルター
内部
〈030914.小松〉
送受信シェルター
右前
〈030914.小松〉
送受信シェルター
右前
〈030914.小松〉
送受信シェルター
内部
〈030914.小松〉