MU-2 救難捜索機


〈航空救難団/浜松救難隊(浜松基地)#73-3229  030927.徳島〉

諸元・性能
乗員 4人
全長 10.7m
全幅 11.9m
全高 3.9m
自重 3.6t
全備重量 4.6t
エンジン 2基 名称:TPE331-25AB 出力:605E SHP/基 形式:ターボプロップ・エンジン
最大速度 約460km/h(約250kt)
航続距離 約1,700km(約945nm)
製作 三菱重工
備考 三菱重工が自社開発した多目的小型ビジネス機、MU-2を改造した救難捜索機で、航空自衛隊では1967年から導入が開始された。救難捜索機として必要なドップラーレーダー(自立航法装置)、救難用加工品などを装備するとともに、特別設計としてバブルウインドウを左右に備えている。V-107救難ヘリコプターとコンビを組み、29機が調達されたが、老朽化に伴い後継のU-125Aに座を譲って、2008年10月に全数退役した。
2005年4月14日、新潟救難隊所属の229号機(上の写真)が墜落、乗員4名が殉職するという痛ましい事故が起こった。心よりご冥福をお祈りいたします。


サムネイルをクリックすると大きい写真が見れます。(新規ウインドウで開きます)

左前
〈030914.小松〉
右前
〈020505.岩国〉
右後ろ
〈020505.岩国〉
機体上面
〈020928.徳島〉
左前
〈041003.浜松〉
左後ろ
〈041003.浜松〉
下面
〈051204.浜松〉
プロペラ
〈020721.防府北〉
ドップラーレーダー
〈051204.浜松〉
バブルウインドウ
〈020928.徳島〉
前脚
〈051203.浜松広報館〉
後脚
〈040925.徳島〉
50周年記念塗装機
〈040919.小松〉