第14旅団/第14戦車中隊 [日本原駐屯地]


〈74式戦車の砲塔に描かれた部隊マーク  090426.善通寺〉


第14戦車中隊は、2006年に第2混成団から改編された第14旅団の創設とともに新編された戦車中隊である。演習場の関係か部隊の運用上の都合か、警備区域とする四国からは少し離れ、岡山県北部の日本原駐屯地に駐屯している。同駐屯地には、第13旅団隷下の第13戦車中隊も置かれている。部隊マークは四国の地形の上に赤い鷲をデザインしたものとなっている。鷲は中隊が駐屯する岡山県の、瀬戸内を臨む鷲羽山をモチーフにしていると言われる。また、鷲の羽が14枚あることから14戦車中隊を表していると推察できる。